遊星出版

イベントで頒布している本

イベントでこれらの本すべてをいつも頒布しているわけではなく適宜選んで持って行ってます。 【イベントでの実売価格】は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。

「遊星出版」フロントページへ

空鏡録

【イベントでの実売価格(東京文フリ38で頒布予定)500円】

サイコロを使って占うオラクル・ブックです。 返ってくるコタエは日々の指針かもしれませんし、 あるいは、鏡に映った「あなた」かもしれません。
(文庫版。74ページ。サイコロ5つ付き)

→空鏡録(アメブロ)

夏がはじまりおわるころ

【イベントでの実売価格(東京文フリ38で頒布予定)300円】

ウミはその名と裏腹に一度も海などへ出たことはなかった。 働いてもいない。学校へも行っていない。 一日じゅう海を見ているだけ。 そんな青年の前にひとりの男の子があらわれる。 遠洋に出たままのたった一人の家族、父親が帰ってくるまでの、ひと夏の話。
この作品は自分の夢がもとになってはいますが、 主人公のウミはもっとはっきりとした夢を見て、 その夢が人生の進路をちょっとだけ変えてしまうというお話です。
本作は2021年に初版を作成しましたが、コロナ禍のためイベントでの頒布はできすに 眠っていました。このたび全体を見直し新装版としました。
(文庫版。124ページ)

小槌の神秘

【イベントでの実売価格(小さな正六面体サイコロふたつ付き)300円】

「小槌の神秘」は、仕事上のお客様からゆずっていただいた古書の中に混じっていた手書きの占術書です。
「占術書」と言っても、込み入ったものではありません。
一連の質問とそれに対する答えが書かれた本。
答えはふたつのサイコロを振って決めます。
え? オミクジみたいな物?
と思われるかもしれません。
似て非なるものといったところでしょうか。
回答はオミクジよりも味があり、ビターな感じがします。
当たる当たらないはサイコロと、質問者がどの程度真剣にこのシステムに相対するか? によるでしょう。
ご興味があれが以下ブログ記事もご参照ください。
(文庫版。70ページ。本文44ページと解説代わりのエッセーを収録)

→小槌の神秘(アメブロ)

風ワタル物語

【イベントでの実売価格 100円】

タイトルから想像されるような「お話」ではなく、詩集です……と、書きながらもなんだかハズカシイ。だったら本になんかしなきゃいいでしょ、と言われそうですが、読んでほしいからこうやってセイホンするわけで……なんとも矛盾した心持ちのまま、ときどきイベントに持って行こうかと。
(文庫版。56ページ。現代詩12篇を収録)

夜の石は天に昇り空ゆく星に会えた(新装版)

【イベントでの実売価格 500円】

「アクティブ・イマジネーション」のやり方を利用して書いた最初のお話です。荒唐無稽なおとぎ話ですが個人的には一番基盤になる話かな……と思っています。文庫版は絶版ですが、新装版では、もう少し小説らしく体裁を整えて、10数ページの「星と石」という後書きをつけました。A5横という、変則的ではありますが、テーブルに置いてゆったり読んでいただけるカタチにしました。下は新装版の表紙画像です。「アクティブ・イマジネーション」については拙作ブログをご参照ください。
(A5ヨコ版 126ページ)
→旅する小舟―アクティブ・イマジネーション=能動的想像法(アメブロ)

トモルオン

【イベントでの実売価格(正二〇面体と正六面体サイコロ付き)500円】

この本の骨格は、上記「夜の石は~」の章立てをベースにしてはいますが、「夜の石は~」の続きではなく、サイコロをふって読む、エッセイ・詩・お話など120篇の複合体です。ゲームではありません。占いのように使うこともできるかなと……思います。トモルオンのバックグランドについては、以下拙作ブログをご参照ください。
(文庫版 332ページ)
→「トモルオン」解題 (その1)― 書物占い(アメブロ)
→「トモルオン」解題 (その2)― 黄色の書(アメブロ)
→「トモルオン」解題 (その3)― 「22」(アメブロ)

テンポウ航海記

【イベントでの実売価格 500円】

「静寂(しじま)ノート」という、ちょっとユニークなノートを入手したことをきっかけに、そのノートに書き付けてできたお話を本にしたものです。
これもアクティブ・イマジネーションのやり方で書いたものです。
そんなわけで、夢物語のようになりました。テーマはとくにないのですが強いて言うと、作中で描かれている世界そのものがテーマ、といった感じです。最初は文庫版でリリースしましたが、若干の修正をして新書版で作り直しました。
(新書版 210ページ)
→静寂ノート(アメブロ)