遊星出版

遊星出版

開設:2020/07/29
更新:2022/08/19

またpixivに駄文をアップロードしました。 → こちら (2022/08/19)
NO WAY MANIACS 9th、出展しました。 → こちら (2022/07/20)
第三十四回文学フリマ東京、出展しました。 → こちら (2022/05/30)


「遊星出版」って、なに?

「遊星出版」は白橋 升(しらはし のぼる)が自作を発信する架空の版元です。
私家版の本を頒布しております。
版元名は架空ですが、ご注文いただければその都度印刷されまして、お手元に架空ではない、ホンモノの書籍(文庫本)が届きます。
注文画面には「製本」と出てきますが、モチロン1冊でもOKです。

「製本直送.com」さんのサービスを利用しています。
注文の際に入力した情報はお名前を除き、当方に通知されることはありません。
カバーや帯、背表紙タイトルこそありませんがしっかりした本です。
オンデマンド印刷なので、注文が確定するとキャンセル・返品ができません。
注文後に製本されますので、届くまでにふつうに本を注文するより時間がかかります。
製本直送さんのページによると「通常3~6営業日以内を目処に発送する」ということになっています。


はじめまして

カンタンに自己紹介しておきます。文章を書くのが好きなシロートです。
白橋 升(しらはし のぼる)というのはペンネームです。
易が好きで易のブログなども書いています。このブログがメインです。
鑑定家ではありません。


いきさつ

最初にお話らしきものを書いたのは小学生の頃でした。
社会人になってからは易に関したコピー本などを私家版でつくったりして、友人・知人に頒布し(売りつけ?)たりしていました。
たまたまユング派の心理療法のひとつである「アクティブイマジネーション」の手法を知って、2013年ごろからまたお話を書き始めました。
2019年ごろになって、テキスト原稿を文庫本サイズのPDFへ組版をしてくれる「威沙(いずな)」というフリーソフトや、少数部でも安価に印刷してくれる「製本直送.com」のサービスを知り、書いたものを本にし始めました。
自作本を発表する場はないかと調べていたら、文学フリーマーケット(通称「文フリ」)というものがあることを知り、喜び勇んで出店申し込みをしたはいいものの、新型コロナウイルスによる感染症流行のため、出店申し込みをした第四回前橋、第三〇回東京がいずれも中止、と、いきなり出鼻をくじかれました。さらに第三十一回東京は出店申し込みしたはいいものの、感染症流行はおさまらず仕事の事情もあってやむなく出店をキャンセルしました。そこでWeb上で自作を頒布してみようと思い、このホームページをつくりました。


価格について

下記の価格をご覧になって、高いとお感じになるかもしれません。
設定した価格の内訳は、印刷・製本代および製本直送さんの手数料です。
著者が得る利益(いわゆる印税)は、システムの関係でミニマム(1冊1円)を設定させてもらっています。お読みいただけるだけでも御の字なので、イベントなどで頒布する際の価格はもっと安く設定しようと思っています。


既刊一覧

書籍そのものの印刷・販売は製本直送さんへの委託ですが、各著作の内容についてお問い合わせがある場合は、下記メールアドレスまでご連絡いただければと思います。
書名をクリックすると製本直送さんのページが開きます。
「立ち読み版」は製本直送さんのページからもダウンロードできます。


書名と価格(税込み送料別)

ミネリの銘板
 (924 円)
  ☆彡立ち読み版はこちら。

ほんとうのこと、または、でたらめの書
 (1097 円)
  ☆彡立ち読み版はこちら。

大きな樫の樹の下に
 (699 円)
  ☆彡立ち読み版はこちら。

夜の石は天に昇り空ゆく星に会えた
 (832 円)
  ☆彡立ち読み版はこちら。

夏がはじまりおわるころ
 (716 円)
  ☆彡立ち読み版はこちら。


「易システム」関連ドキュメント