遊星出版

遊星出版

更新:2024/3/8
開設:2020/07/29

各作品に【イベントでの実売価格】を追記しました。
(2024/3/8)

「遊星出版」って、なに?

「遊星出版」は白橋 升(しらはし のぼる)が自作を発信する架空の版元です。
製本直送さんの「どこでも出版」を利用して、私家版の本をこのホームページで頒布してまいりましたが、新型コロナウィルス感染症の流行による影響も落ち着いたため、ホームページでの頒布は終了させていただきました。 現在はイベント参加に軸足を移しています。

はじめまして

カンタンに自己紹介しておきます。文章を書くのが好きなシロートです。
白橋 升(しらはし のぼる)というのはペンネームです。
易が好きで易のブログなども書いています(易以外の話題も増えてきましたが)。
このブログがメインです。
鑑定家ではありません。

いきさつ

最初にお話らしきものを書いたのは小学生の頃でした。
社会人になってからは易に関したコピー本などを私家版でつくったりして、友人・知人に頒布し(売りつけ?)たりしていました。
たまたまユング派の心理療法のひとつである「アクティブイマジネーション」の手法を知って、2013年ごろからまたお話を書き始めました。
2019年ごろになって、テキスト原稿を文庫本サイズのPDFへ組版をしてくれる「威沙(いずな)」というフリーソフトや、少数部でも安価に印刷してくれる「製本直送.com」のサービスを知り、書いたものを本にし始めました。
自作本を発表する場はないかと調べていたら、文学フリーマーケット(通称「文フリ」)というものがあることを知り、喜び勇んで出店申し込みをしたはいいものの、新型コロナウイルスによる感染症流行のため、出店申し込みをした第四回前橋、第三〇回東京がいずれも中止、と、いきなり出鼻をくじかれました。
さらに第三十一回東京は出店申し込みしたはいいものの、感染症流行はおさまらず仕事の事情もあってやむなく出店をキャンセルしました。そこでWeb上で自作を頒布してみようと思い、このホームページをつくりました……が……新型コロナウィルス感染症も五類になると共に、イベントで自作を頒布することができるようになったため、このホームページでの私家版本の頒布は、終了させていただきました。

イベントで頒布している本のご紹介

→ こちら

イベント出展履歴 

→ こちら

易システム」関連ドキュメント

→ こちら

関連リンクほか

ブログ:「ぼくは占い師じゃない」

ピクシブ(イラストとお話):「白橋升」